電子速記研究会ホームページ - パートナーサイトの最新情報 - 「はやとくん」大活躍!「活かそう 憲法の心」集会で
ログイン  |  新規登録
WordPress 最近の投稿
WordPress 最近のコメント
WordPress Link
WordPress 検索
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 投稿者ブロック
パートナーサイト
  ホーム >> パートナーサイトの最新情報 >> 「はやとくん」大活躍!「活かそう 憲法の心」集会で

パートナーサイトの最新情報

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 裁判所速記官制度を守る会 裁判所速記官制度を守る会 (2019-12-9 10:53:38)

feed 「はやとくん」大活躍!「活かそう 憲法の心」集会で (2011-11-21 9:18:50)

11月20日、兵庫県内にある9条の会で構成された「9条の心 実行委員会」主催で「活かそう  æ†²æ³•ã®å¿ƒã€ã¨ã„う集会が神戸文化ホールで開催されました。
案内パンフレットには「リアルタイム字幕あり(はやとくん)」と印刷されていて、これは行かねばなるまいと出掛けました。
舞台右手のスクリーンには「今日の講演はすべてリアルタイム字幕で表示します。必要な方は前の席にお座りください。」と映し出されていました。
「はやとくん」メンバーはワードワープ社の4人です。うち3人はニューフェイス! 新人が育っていることに、まず大感激でした。
リアルタイム字幕のほうは、羽柴修実行委員長の開会挨拶(写真左)から、田中優子教授の講演までバッチリと表示されました。

開会あいさつ.jpg   田中優子氏 講演.jpg


1時間余りの田中優子教授の講演は「江戸という生き方-戦争は必要ですか-」と問いかけるもので、3/11以降の日本の現状から私たちの暮らしの足下を見据え、江戸文化から学ぶことがあるのじゃありませんかと語りかけられました。
ごくかいつまんで紹介すると、

憲法9条の実現は、お題目のように唱えていればいいというのではなく、日々の暮らしの中からの生き方の問題であるというのです。もちろん、江戸時代礼讃ではありません。
そして、江戸時代、戦争を避けるための外交(国内外を問わず)を重視していたこと、あらゆる物を循環させ自給自足する暮らしぶりが紹介されました。
この辺り、日ごろ耳にしない「下肥」、「古着屋」、「漉き返し紙」、「灰屋」・・などなど、徹底的なリサイクルで循環社会が営まれていた様子が語られました。
そして「経済」という言葉から、今は「成長」や「効率」ということが連想されがちだけれども、語源は「経世済民」だと述べられました。 「世を営んで領地内を豊かにし万民を救済する」のが経済だと。実に分かりやすいお話でした。

田中教授は、この「国」に依存しない、地域で生きる力をつけるローカルな生き方を実現して戦争のない世界を作りましょうと、循環していく人間の未来を展望して、講演を結ばれました。

田中優子教授と、「はやとくん」スタッフに大きな拍手!



execution time : 0.323 sec
テーマ

(10 テーマ)
メインメニュー