電子速記研究会ホームページ - my weblog : Diamante/Wave
ログイン  |  新規登録
WordPress 最近の投稿
WordPress 最近のコメント
WordPress Link
WordPress 検索
WordPress カテゴリ一覧
WordPress 投稿者ブロック

2014年10月7日(火曜日)

Windows8(32bit)+はやとくんの動作確認情報

Windows8(32bit)+はやとくんの動作確認情報

管理者権限でインストール・使用することを前提に動作確認しました。

WXGはCDから普通にインストールできます。WXGインストール中にNTVDMというアプリケーションがインストールされるので,ネット接続必須です。
NTVDMというのは,16bit版アプリケーションを動かすためにMicrosoftが配布している補助ツールだそうです。WXGはどこかで16bitアプリを使っているのかもしれませんが,未確認です。

1.Windows8で,反訳はやとがちゃんと動作しました。
 Fugoファイルを直接開いた後,一括反訳しました。
 かなり遅いですが,中身は普通に反訳されています。

2.リアルタイムはやとでもちゃんと動作しました。
・DiamanteをBluetooth接続した場合
パソコンにつなぎ.COM番号の設定をして,ひとりリアルで10分程度の試し打ちをしましたが,普通に反訳できました。

・DiamanteをUSB接続した場合
パソコンにDiamanteのドライバをインストールをして,パソコンにつなぎ,ひとりリアルでCOM番号の設定をして,Diawaveモードにすると,ちゃんと動きました。

反訳はやとの速度について,同じ50分ほどのFUGOの一括反訳を,Windows7と比べてみました。

Win7機=22分
スペック
Asus EeePC T91MT
CPU Atom Z520 1.33GHz
RAM 2GB
OS Win7 Home

Win8機=34分
スペック
富士通ARROWSTAB FARQ55J
CPU Atom Z2760 1.8GHz
RAM 2GB
OS Win8.1

一括反訳がWin7機の1.5倍ぐらいくらい掛かる結果になりました。
この速度なら,ひとりリアルでの反訳はリアルタイムでできますね。


Windows8.1/64bitパソコン-ひとりリアルの動作確認状況

Windows8.1/64bitパソコン-ひとりリアルの動作確認状況

さて,Windows8.1/64bitパソコンにWXGのインストールができたら,次はひとりリアルの動作確認です。

手持ちの機器は,
Stentura Fusion
Diamante/Bluetooth接続キット
です。
FusionとDiamanteの有線接続,DiamanteのBluetooth接続を試した結果,どれも問題なくひとりリアルが動作しました。

【Stentura Fusion】
 市販のUSBシリアル変換ケーブルが必要です。今回はBSUSRC06(iBuffalo)で試しました。Win7(32bit/64bit)対応をうたっていますが,Win8でも動きました。
 USBシリアル変換ケーブルのドライバを付属のマニュアル通りにインストールしたら,あとは今までと同じやり方でOKです。デバイスマネージャーでCOM番号を確認して,ひとりリアルで設定してください。

【Ditamante-有線接続】
 今までと同じやり方でOKです。
 付属のCD-ROM(Diamante Wave Utilities&Tutorial CD V3.6)をインストールして,接続してください。
 デバイスマネージャーでCOM番号を確認して,ひとりリアルで設定してください。
 
【Diamante-Bluetooth接続】
 今までと同じやり方でOKです。
 Bluetooth接続キット付属のBlueSoleilを英語版でインストールして,USBにBluetooth接続キットを接続して,ペアリングの設定をしてください。

やはり,Windows8-64bitではやとくんを使うとなると,ネックになるのはWXGのインストールのようです。逆に言えば,ここだけクリアできれば,あとはなんとかなりそうです。

 


534 queries. 0.014 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

テーマ

(10 テーマ)
メインメニュー