Home > はやとくんとリアルタイム字幕 > リアルタイム速記・反訳のしくみ

リアルタイム速記・反訳のしくみ

はやとくんによるリアルタイム速記・反訳のしくみ

速記用タイプライターで速記符号を打ち込み,話された言葉を逐語的にタイピングします。1分当たり200単語(約400字)以上のスピードの言葉をとらえることができます。
はやとくんによる速記・リアルタイム反訳には,1人で行うものと,複数で行うものがあります。速記者1人で行う場合は,自動的に変換と確定作業が行われ、タイムラグはほとんどありませんが,同音異義語に誤変換されていたり,文節を切る場所が違っておかしな変換になっていても,その場で手を加えることはできません。
対して,複数で行う場合は、速記者のほかに校正者がいて,変換された反訳文をその場で修正することができます。タイムラグは生じますが,その分,正確度の高い文章を表示することができます。
字幕などを出す場合は,複数で行う方法を採っていることがほとんどです。

Mechanism
If you input steno symbol (fugo-data) from the steno-keyboard, the data will be transformed phonogram kana (kana-data). The kana is Japanese but it is difficult to read. Usually Japanese should be written by mixture of kanji and kana . Hayato-kun system has a peculiar dictionary (Hayato-dic) what is formatted by Japanese IME softwere. It will find appropriate word and output it. You might see correct Japanese or ridiculous Japanese.
In this system you can select a way whether realtime or one by one. In the case except that you do realtime all alone, you able to give correct sentences by adding several works, for instance, choosing homonym or also informing the gap of the sentence to PC. It means you can do similarly if you secure scopist.

Accuracy of realtime
We research into accuracy of realtime on 142 users in June 2001. We got the data that was 97% on average.
Especially CART(Communication Access Realtime Translation) for a lecture or a convention require superior accuracy that we select realtime by plural members. Almost the time lag is not many, it is functional enough.


お問い合わせはこちら